カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

コーヒーをやめたら過敏性腸症候群が治った?

以前の記事でご説明した通り、下痢型の過敏性腸症候群に長年悩まされてきたカルボは、2019年9月22日の朝に飲んだコーヒーを最後に、コーヒー(カフェイン)をほとんど断つことにして、それを今(現在2019年10月16日)に至るまで継続しています。では、コーヒーをやめた結果、カルボの過敏性腸症候群の下痢の症状は改善されたのでしょうか?

www.calvo-aga.com

 

コーヒーをやめたら過敏性腸症候群が治った?

コーヒーをやめたら過敏性腸症候群が治った?

現在、コーヒー(カフェイン)を飲むのをやめて3週間以上経ちました。

 

その後、カルボのお腹の調子は、

 

とても良い

 

です。

 

コーヒーをやめてから5日後に投稿した記事でご説明した通り、コーヒーをやめてから一週間くらいカフェインの離脱症状に苦しんだり、その時期に熱が出たりしましたが、その後離脱症状は自然となくなり、肝心のお腹の調子も良いです。

www.calvo-aga.com

 

コーヒーをやめてからこの3週間、腹痛に見舞われたのは1回だけです。しかも、軽い腹痛と軟便、という軽い症状でした。

 

コーヒーをやめてからまだ3週間ちょっとなので、これをもって過敏性腸症候群が治ったとは断言できませんが、良い方向に向かっているのは間違いなさそうです!

 

カルボの場合、コーヒーが過敏性腸症候群の原因だったのか?

コーヒーが過敏性腸症候群の原因だったのか?
では、カルボの場合、コーヒーが過敏性腸症候群の原因だったのでしょうか?

 

コーヒーが過敏性腸症候群の症状の悪化に関係していたのは間違いないと思いますが、コーヒーだけが過敏性腸症候群の原因だったわけではないと思います。

 

過敏性腸症候群の原因にはストレスなどの心理的なものが深くかかわっており、カルボの場合、以前コーヒーを飲むのを習慣にしていた間も、環境の変化などによって下痢の症状が悪化したり改善したりしていました。ですから、コーヒーだけが過敏性腸症候群の原因だったとは思いません。

 

いずれにしても、コーヒーをやめてから3週間以上症状が改善されているのは間違いありません。薄毛と同じくらい、いやそれ以上に悩んできた過敏性腸症候群の解決に向かっているので、満足しています。

 

・過敏性腸症候群や下痢のために開発されたサプリもあります。

 ➡もう怯えない毎日へ『黒梅日和』