カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

アデノシンとは?AGA・薄毛対策に使える?

資生堂は、発毛を促進する育毛剤として「アデノゲン」という商品を発売しています。このアデノゲンに使われている成分の中で一番重要なのは「アデノシン」という成分です。では、このアデノシンとは何でしょうか、AGA・薄毛対策に有効なのでしょうか?

 

アデノシンとは?

アデノゲンに配合されているアデノシンとは?

 

アデノシンとは、核酸の一種で、DNAの遺伝情報に用いられたり、エネルギー輸送と関係する成分です。

 

薄毛部位と毛がしっかり生えている部位を比較した研究では、薄毛部位では「FGF-7」という発毛因子がが半減しているという結果が出ました。しかし、アデノシンでは、この発毛因子FGF-7をたくさん作りだす働きをします。そのため、アデノシンを頭皮に使用すれば、薄毛が改善するのではないかと言われています。

 

また、アデノシンには、毛髪の成長期を長くする作用や、血行を促進する効果があり、そうした作用も薄毛の改善につながると考えられています。

 

アデノシンはAGA・薄毛対策に有効か?

 

資生堂は、アデノシンの育毛効果を判定するための臨床試験を実施しました。その結果によると、アデノシン配合の育毛剤で94.1%の被験者が外観からの育毛効果があったそうです。また、薄毛部位の太毛率が増加(平均23%が34%になった)し、多くの被験者が髪が太くなったことを実感することができました。さらに、6ヶ月間のアデノシン配合の育毛剤の使用で副作用は見られませんでしたので、安全性があることも確認されています。

 

また、専門家から成る日本皮膚科学会発行の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」(2017年度版)の中でも、アデノシンはAGA(男性型脱毛症)に対してB評価(行うよう勧める)を獲得しています。B評価は、「LEDおよび低出力レーザー照射」と同等の評価です。

 

なお、「日本皮膚科学会の脱毛症診療ガイドライン」は、以下のサイトからPDF形式でご覧いただけます。
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf 

 

このように、アデノシンの発毛効果にはエビデンスがあり、専門家たちもAGAに対して行うよう勧めていますので、AGA・薄毛対策の1つの貴重な選択肢となるでしょう。

 

ただし、今のところアデノシンは、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」の中でA評価(行うよう強く勧める)を獲得したフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルほどの効果があるとは考えられてはおらず、AGAクリニックなどでもあまり使用はされていないようです。

 

それでも、副作用がほとんど報告されていない上に、発毛効果のエビデンスもあるわけですから、使用してみる価値はあると言えるでしょう!

 

下記は、アデノシンを配合した資生堂の「アデノゲン」です。なお、資生堂はアデノシンについて特許を取得しているため、他のメーカーや製薬会社はアデノシンを配合した育毛剤を出していません。

 

アデノゲン 薬用アデノゲンEX 300mL 【医薬部外品】

新品価格
¥8,100から
(2019/9/13 07:07時点)