カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

詐欺まがいの育毛剤広告が使う紛らわしい表現とは?

詐欺まがいの育毛剤広告が使う紛らわしい表現とは?

ネット上には、さまざまな育毛剤がいろいろな宣伝文句で販売されています。しかし、医薬部外品の育毛剤には、そもそもAGAや薄毛を改善させる効果は期待できません。それでも、そうした育毛剤の宣伝では、発毛効果があるかのような紛らわしい表現が使われていますので、AGA・薄毛を改善できると信じて購入する人が多くいると考えられます。では、具体的に言って、そうした育毛剤の広告ではどんな紛らわしい表現が使われているのでしょうか?

 

詐欺まがいの育毛剤広告が使う紛らわしい表現とは?

詐欺まがいの育毛剤広告が使う紛らわしい表現とは?

医薬部外品の育毛剤には、発毛効果がないので、「発毛」「毛を生やす」といった表現を広告や宣伝の中で使用することは法律で禁止されています。

 

広告表現として許容されているのは、「育毛」、「薄毛予防」、「脱毛予防」、「発毛促進」、「毛生促進」、「養毛」などの表現です。

 

しかし、こうした表現は法律で許容されているとはいえ、結構紛らわしいですよね。特にカルボが嫌いな表現は「発毛促進」です。この表現を目にすると、髪が生えて増毛できるような印象を受ける人は多くいると思います。

 

いずれにしても、広告表現で法律上許されている紛らわしい表現がいくつもあるため、育毛剤メーカーは効果的な宣伝をすることができ、かなりの売上を記録しています。

 

でも、「医薬部外品の育毛剤には発毛効果がない」、「医薬部外品の育毛剤でAGA・薄毛を改善させることは非常に難しい」ということを理解した上で医薬部外品の育毛剤を高いお金を支払って購入している人はどれくらいいるのでしょうか?おそらく、大半の人は発毛効果を期待して購入しているのではないでしょうか?

 

こうした現状を考えると、医薬部外品の育毛剤を利用したビジネスは、「詐欺まがい」、「誇大広告スレスレ」のようにカルボは感じてしまいます。

 

そもそも「育毛剤」という商品の名称自体が紛らわしいと思います。「頭皮の保湿液」といった名称に統一すれば、状況はよくなると思いますが。

 

本当に効果のある発毛剤は?

本当に効果のある発毛剤はミノキシジル配合の商品

発毛効果があると医学的根拠をもって言える外用薬(頭皮に塗るタイプの外用液)の育毛剤は、ミノキシジルを配合した育毛剤だけです。

 

ミノキシジル配合の育毛剤で有名なのは「大正製薬」の「リアップ」です。テレビのCMで見たことがある人も多いのではないでしょうか?宣伝の中で「発毛」や「発毛剤」という表現が使われていますが、これは誇大広告には当たりません。なぜなら、本当に発毛効果が臨床試験で確認されているからです。

 

大正製薬が特許を取得していたため、少し前まではミノキシジルを配合した育毛剤はリアップシリーズしかありませんでしたが、その期限が切れたため、今では他のメーカーもミノキシジルを配合した育毛剤を出しており、リアップの半額ほどで手に入る商品もあります。カルボが調べた限りでは、今一番安く手に入るのは、下記の「ミノグロウ」(岩城製薬)です。

 

【第1類医薬品】  リアップX5プラスと同等のミノキシジル5%配合です。【送料無料】岩城製薬 ミノグロウ 60ml みのぐろう

 

 

なお、ミノキシジルを配合した育毛剤は医薬部外品ではなく医薬品に該当し、副作用があるため、基本的に薬剤師の説明を受けないと購入することができません。ただし、Amazonや楽天市場などでも、質問にWEB上で答えることにより購入できるようになっています。

 

もちろん、ミノキシジル配合の発毛剤を使用したからといって、すべての人にはっきりとした効果が出るわけではありません。むしろ、劇的な薄毛改善が起こるのは、ほんの一部の人だけでしょう。それでも、医薬部外品の詐欺まがいの育毛剤を高いお金を支払って購入するよりは、はるかに良いと思います!

 

www.calvo-aga.com