カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

AGAって何?薄毛との関係は?どうやって治療する?

AGA(男性型脱毛症)とは何か?

 皆さんは、「AGA」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?近年は、AGAクリニックなどがCMを流したり広告を出していたりしますので、この言葉を聞いたり見たりしたことがある方も多いでしょう。では、このAGAとは一体何なのでしょうか?

 

AGAとは何か?

 

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略称で、直訳すると「男性ホルモン型脱毛症」となりますが、日本語では「男性型脱毛症」と呼ぶのが一般的になっています。最近では「MPHL(male pattern hair loss)」も呼ばれるようになってきています。事実、こちらの英語の方が、日本語の「男性型脱毛症」よりマッチすると言えます。

 

現在、日本でAGA(MPHL)の症状に悩まされている人は1,260万人に上るとされています。これは、20~69歳成人男性4200万人の約3人に1人に相当しますので、かなりの人がAGAという問題に直面していることが分かりますね。早い場合には、10代で発症してしまう人もいます(発症率が増えるのは40代です)。

 

男性の薄毛の原因の9割はAGAであると言われていますので、薄毛対策法を解説するこのブログでは、主にAGAの対策法・治療法を紹介しています。

 

AGAと薄毛との関係は?

AGAによって多くの男性が薄毛になっている

AGAを発症すると、髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまうので、徐々に薄毛になっていきます。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていくのが、AGAの薄毛の進行の特徴です。

 

AGAの脱毛部には「DHT(ジヒドロテストステロン)」が高濃度にみられることから、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことで発生します。

 

毛髪にはヘアサイクルという周期があります。通常の毛髪は、「成長期」、「退行期」、「休止期」の3つの期間を繰り返しており、このうち毛髪が大きく成長する成長期は2年から6年ほどあります 。

 

しかしながら、AGAでは、毛髪の成長期の期間が正常よりも短くなってしまい、しっかりと髪の毛が伸びる前に伸張反応を止めてしまいます。その後、退行期、休止期へと移ってしまうことから、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

 

このように、AGAでは、毛髪の成長期が短くなることにより、十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなることで、全体として薄毛が目立つようになってしまうのです。

 

AGAの治療法は?

AGAの治療法にはミノキシジルやフィナステリドなどがある

AGAは、一度発症すると治療を行わない限り、薄毛の進行が止まることはありません。では、どのような治療をすれば、AGAによる薄毛の進行を止めることができるのでしょうか?

 

 ・フィナステリド

 

フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬でした。しかし、フィナステリドを服用していた患者に髪の毛髪の量が増えるという副作用が表われたため、発毛剤としても用いられるようになりました。

 

実際、フィナステリドには、「5αリダクターゼ」の働きを阻害することにより前立腺肥大の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制するという作用があるため、AGAに確かな効果があることが科学的に判明しています。

 

5年間の調査研究では、フィナステリド(1日1mg)を服用した男性の90%に効果が認められました(42%に脱毛の停止、48%に脱毛の停止と毛髪の再成長)。

 

・ミノキシジル

 

ミノキシジルは、1960年代に、高血圧の経口薬として製造されるようになった成分です。しかし、副作用で全身の多毛症を頻繁に引き起こしていたことから、頭皮に対する外用薬として臨床試験が実施され、脱毛症に有効だということが確認されました。

 

そのため、ミノキシジル外用溶液が1980年代にまずアメリカで薄毛やハゲ、脱毛症の治療用に販売されるようになり、今では日本でも、ミノキシジルを配合した発毛剤「リアップX5プラスローション」などが販売されています。

 

ミノキシジルには、血管拡張作用があるので、それが毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早める働きをすると言われています。ただ、その薬理作用はまだはっきりしたことが分かっていません。ミノキシジル以外の血管拡張薬には発毛の効果がありませんので、血管拡張作用だけが発毛を生じさせているわけではありません。ちなみに、ミノキシジルは頭頂部には効果がありますが、前頭部の男性型脱毛には効果があまり出ない場合があると言われています。

 

48週間の調査研究によれば、ミノキシジル5%配合の外用溶液では51%の男性に頭頂部の改善が見られましたが、ミノキシジル2%配合では42%でした(プラセボでも13%に効果が見られた)。

 

まとめ

 

今回の記事で見てきた通り、AGAによる薄毛対策に本気で取り組むのであれば、フィナステリドとミノキシジルの使用を検討するべきであると言えるでしょう。

 

ミノキシジル配合の育毛剤は、市販されています。下記のミノグロウ(岩城製薬)はリーズナブルなのでおすすめです。

 

【第1類医薬品】  リアップX5プラスと同等のミノキシジル5%配合です。【送料無料】岩城製薬 ミノグロウ 60ml みのぐろう

 

 

フィナステリドは、処方箋医薬品なので医師から処方を受けなければ入手できません。下記のAGAクリニックでは、1カ月分を5,500円で処方してもらえます。

今なら無料相談実施中!【AGAヘアクリニック】

 

                       記事の最終更新日:2019年10月6日