カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

医薬部外品の育毛剤チャップアップ(CHAP UP)は、AGA・薄毛対策に有効か?

非常に人気のある育毛剤の1つにチャップアップ(CHAP UP)があります。薄毛やハゲに悩んでいる方の多くは、一度は耳にしたことのある育毛剤ではないでしょうか?では、チャップアップ(CHAP UP)は、AGA・薄毛対策に有効なのでしょうか?

 

チャップアップ(CHAP UP)の育毛効果とは?

 

結論から言いますと、チャップアップ(CHAP UP)は「発毛促進」や「薄毛予防」に有効です。

 

でも、勘違いしてはならないのは「発毛促進」は「発毛効果」とは違う、「薄毛予防」は「薄毛改善」とは違う、ということです。

 

発毛促進というのは、毛のないところに髪を生えさせるということではなく、自然に生えてきた髪の毛(AGAの人でも毛根が死んでいない所では髪は生えてくる)の成長スピードを早めるという程度の効果です。

 

また、薄毛予防というのは、薄毛を改善させる効果ではありません。あくまでも薄毛の進行を遅らせるという効果に過ぎません。

 

ですから、チャップアップ(CHAP UP)は、本格的なAGA・薄毛対策、つまり髪の量を実際に増やして薄毛を改善させる方法としては、効果をあまり期待できません。

 

チャップアップ(CHAP UP)は「医薬部外品」である

医薬部外品の育毛剤に発毛効果は期待できない

チャップアップ(CHAP UP)は「医薬品」ではなく、「医薬部外品」です。

 

「医薬品」が、厚生労働省により、配合されている有効成分の効果が認められたものあるのに対し、「医薬部外品」は、厚生労働省が許可した、効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているだけで、治療ではなく、防止・衛生を目的に作られているものです。

 

医薬部外品は医薬品ではないので、AGA治療に効果はなく、それによって発毛することはありません。そのため、チャップアップ(CHAP UP)には、頭皮の環境を整えて髪の毛の成長が早くなるとか、血行が少し良くなって抜け毛が少し減る、といった非常に緩やかな効果は期待できますが、それ以上の効果を期待するのは現実的ではありません。

 

つまり、チャップアップ(CHAP UP)に発毛や薄毛改善の効果はあまり期待できない、ということです。

 

そもそも、チャップアップ(CHAP UP)の公式サイトに、「発毛する」とか「薄毛が改善する」とは書いてありません。そんなことを書けば嘘になってしまうからです。

 

人気のある育毛剤だけあって信頼を大切にしているのか、そのような記載は避けているようで、良心的に感じます。

 

AGAによる薄毛改善に効果のある成分は?

 

医学的に、発毛の科学的根拠が十分にあるとみなされている成分は、今のところ、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルです。

 

実際、日本皮膚科学会が、東京医科大学や大阪大学などで皮膚科を専門にしている権威ある医師十数名で構成し策定している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」でも、男性型脱毛症(AGA)の治療に十分な効果的があるとされているのはフィナステリド(内服)、デュタステリド(内服)、ミノキシジル(外用)の3つです。

 

※LEDおよび低出力レーザーの照射(成分ではなく育毛器ですが)や「アデノシン」という成分も発毛因子を増やす効果があるとして、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルに次ぐ評価を受けています。

 

つまり、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル、(アデノシン)以外の成分にAGAの治療効果は今のところ期待することはできない、ということです。

 

チャップアップ(CHAP UP)には、これらの成分は1つも含まれていません。この点からも、チャップアップ(CHAP UP)に発毛効果や薄毛改善効果を期待するのは難しいということがわかりますね。

 

ちなみに、同様のことは、チャップアップ(CHAP UP)だけではなく、ポリピュアEX、スカルプD、ブブカ(BUBKA)、M-1ミスト、イクオス、フィンジアといった、他の医薬部外品の育毛剤にも言えます。

 

医薬部外品の育毛剤は使用する価値はないのか?

 

今回見てきたように、医薬部外品の育毛剤に、発毛効果や薄毛改善効果は期待できません。でも、それは医薬部外品の育毛剤に使用する価値がないということではありません。

 

「発毛促進」や「薄毛予防」といった緩やかな効果を得られればそれで満足という場合には使用してみても良いでしょう。医薬品とは違って副作用が基本的にないというのもメリットです。

 

でも、「今より髪を増やしたい」、「薄毛を今より目立たなくしたい」といった、目で見てはっきり分かるような効果を得たいのであれば、やはりフィナステリドやミノキシジルなどに頼るのがオススメです。もちろん、副作用があるので、そのリスクを理解した上で使用するべきではありますが。

 

ちなみに、国内のミノキシジルを使用した発毛剤は、以前は「大正製薬」の「リアップシリーズ」だけで値段も1カ月分の分量で7,000円以上と少々高かったですが、今では下記の「ミノグロウ」のようなジェネリックの商品が販売されていますので、無理のない負担で使用できるようになっています。

 

【第1類医薬品】  リアップX5プラスと同等のミノキシジル5%配合です。【送料無料】岩城製薬 ミノグロウ 60ml みのぐろう

価格:3,510円
(2019/9/20 12:43時点)
感想(0件)

 ※AGA・薄毛改善のために医薬品を使用するかどうかは、各自が専門家に相談して決定してください。