カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

薄毛をごまかす方法をご紹介-髪型・ワックス・ヘアパウダー

薄毛をごまかす方法をご紹介-髪型、ワックスなど

AGAによる薄毛に悩んでいるのであれば、AGAクリニックなどでAGA治療を受けることをおすすめしますが、AGA治療には時間がかかりますので、とりあえずは今の薄毛をごまかしたいと考えている人も多いことでしょう。そこで今回は、薄毛をごまかす方法についてご紹介します。

 

薄毛をごまかす方法-髪型

薄毛をごまかす方法-髪型

薄毛をごまかす方法に髪型があります。つまり、薄毛があまり目立たないような髪型にする、ということです。

 

では、どんな髪型だと薄毛があまり目立たないのでしょうか?

 

実は、薄毛は髪を伸ばして無理に隠そうとすると逆効果です。髪が多い部分と薄い部分がはっきり分かれ、薄い部分が強調されて薄毛が目立ってしまうからです。

 

薄毛が目立たないようにするコツは、短髪にすることです。

 

髪を長く伸ばすと、髪の重さで前髪や頭頂部がつぶれて薄毛が目立ってしまいます。思い切って短髪にした方が、ボリューム感が出ます。

 

AGAによって薄毛になっている人のほとんどは、頭頂部が薄くなっているか前髪の生え際が後退しています。つまり、頭の中央部分の髪の毛の量が側頭部よりも少なくなっています。

 

このため、特に側頭部や襟足を短くカットすることで、中央部と側頭部の髪の量の差が少なくなり、薄毛をごまかすことができます。

 

薄毛をごまかす方法-ボリュームアップワックス

薄毛をごまかす方法-ボリュームアップワックス

髪型を整えるためのワックスの中には、ボリュームパウダーを配合し、髪につけると髪1本1本がやや太くなって、髪が多く見えるという便利な商品があり、そうしたワックスは「ボリュームアップワックス」などと呼ばれていいます。

 

カルボが時折使っていたのは、「ルシード」の「ボリュームパウダーワックス ふんわりハード」でした。ツヤが出ず、髪がガチガチに固まったりもせず、非常に自然な仕上がりになりますので、おすすめです。そして、実際に髪の量が多く見え、地肌の透け度も低くなります。

 

ただ、最近それを使い切ったので薬局に新しいのを買いに行ったら同じのが売っていませんでした。代わりに「ルシード」の「ヘアワックスボリューム&ハードP」というのを買いました。使い心地はほとんど同じです。もしかしたら、こちらにリニューアルされたのかもしれません。

 

カルボが使用している「ヘアワックスボリューム&ハードP」

 

LUCIDO(ルシード) ヘアワックス ボリューム&ハード 80g

 

もちろん、薄毛やハゲがかなり進行していて髪の毛の数がかなり少ない場合には、ボリュームアップワックスで薄毛をごまかすのは難しいかもしれません。その場合におすすめの方法がヘアパウダーです。

 

薄毛をごまかす方法-ヘアパウダー

薄毛をごまかす方法-ヘアパウダー

ヘアパウダーはボリュームパウダーワックスよりも薄毛隠しの効果が高く、頭頂部で結構薄毛が進行してしまっている場合でも、ハゲを隠すことができます。

 

ヘアパウダーの中では、アートネイチャーのアートミクロンがおすすめです。アートミクロンは、静電気でパウダーが髪に吸着して、自然に髪のボリュームアップができます。気になる部分にポンポン叩くだけで、10秒後には自然に髪が増えた様に見え、薄毛を効果的にごまかすことができます。

 

アートミクロンは従来のふりかけタイプとは異なり、つむじ・生え際など狙ったところに付けやすく、飛び散ることはありません。使用後はシャンプーで簡単に洗い流せます。

 

 

記事の最終更新日:2019年11月20日