カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるオススメのAGA・薄毛対策法を紹介します。ネットに氾濫する育毛剤の誇大広告に惑わされない大切さも強調します。

AGA治療薬デュタステリドの副作用について知っておこう

AGA・薄毛対策においてフィナステリドを上回る効果!デュタステリドとは?」の記事でご説明した通り、AGA・薄毛対策においてデュタステリド(商品名:ザガーロ、アボルブなど)はフィナステリドよりも高い効果を発揮します。では、デュタステリドは効果が高い分、フィナステリドよりも副作用のリスクが高い、ということはあるのでしょうか?

デュタステリドの方がフィナステリドよりもAGA治療効果が高いのはなぜか?

デュタステリドはフィナステリドよりもAGA治療効果が高い

フィナステリドがAGAの原因物質であるジヒドテストステロン(DHT)の発生を促す5α還元酵素(リダクターゼ)のⅡ型のみの働きを抑えるのに対し、デュタステリドは5α還元酵素(リダクターゼ)のⅠ型とⅡ型の両方の働きを抑えます。

 

そのため、デュタステリドにはフィナステリドよりも高いAGA治療効果を期待できます。

 

ただし、DHTの発生を促すのは主に5α還元酵素(リダクターゼ)Ⅱ型であると言われていますから、Ⅰ型とⅡ型の両方の働きを抑えるからといって効果が単純に2倍になるというわけではありません。

 

それでも、フィナステリド1mgの服用とデュタステリド0.5mgの服用とで、発毛量を比較すると、デュタステリドの内服量がフィナステリドの半分であるにも関わらず、デュタステリドの方がフィナステリドよりも1.6倍発毛量が多かったという研究データがあります。

 

ちなみに、デュタステリドは内服量を0.5mg以上にしても効果はあまり変わらないため、0.5mgを上限としての服用が推奨されています。

デュタステリドの副作用のリスクはフィナステリドと比較すると高い?

 

フィナステリドの副作用は下記の通りです。

 

・1%以上5%未満に性欲減退

・1%未満に勃起機能不全、射精障害、精液量減少

・発現率不明の副作用として、睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下、乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、眩暈、そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫などがある

・頻度不明ながら重大な副作用として肝機能障害が起こり得る

 

 一方、デュタステリドの副作用は下記の通りです。

 

・3.9%に性欲減退の副作用が発現する

・4.3%に勃起機能不全が発現する

・1.3%に精液量減少が発する

・1.5%に乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)

・重大な副作用として、肝機能障害(アボルブ:1.5%、ザガーロ:頻度不明)、黄疸(頻度不明)がある

 

これらを比較してみますと、フィナステリドでは「頻度不明ながら肝機能障害が起こり得る」となっているのが、デュタステリドでは「重大な副作用として、肝機能障害(アボルブ:1.5%、ザガーロ:頻度不明)がある」とやや肝機能障害のリスクが異なることがわかります。

 

また、フィナステリドでは。黄疸について触れられていませんが、デュタステリドでは頻度不明で黄疸が発現し得るとなっています。

 

さらに、フィナステリドでは勃起不全が1%未満なのに、デュタステリドでは4.3%となっています。こうした点から、デュタステリドの方がフィナステリドよりも副作用のリスクが高めであることがわかります。

 

なぜ、デュタステリドの方が副作用のリスクが高いのでしょうか?大きな原因としては、デュタステリドの半減期の方がフィナステリドの半減期よりもはるかに長いことが考えられます(フィナステリドの半減期が約4時間であるのに対して、デュタステリドの場合は3~5週間)。

※半減期とは、薬の血中濃度が最大濃度の半分になるまでにかかる時間のことで、半減期が短ければ薬が作用している時間も短く、反対に半減期が長ければ、薬が作用している時間も長い、ということになります。

 

AGAの治療薬に限らず、化学的に作られた薬は、体にとっては異物であり負担となります。特に体の中で解毒の働きをしている肝臓は、半減期の長い薬によって負担が増し、肝機能障害といった副作用のリスクが高くなってしまうのです。

 

デュタステリドはAGA・薄毛対策に高い効果を発揮する薬で、危険性もそれほど高い薬ではありませんが、フィナステリドと比べると副作用のリスクが高いということを覚えておきましょう。

 

AGAクリニックでも、副作用のリスクを考慮し、フィナステリドを治療法の第一選択肢とし、フィナステリドで十分な効果が得られない場合にデュタステリドを処方するようにしているケースが多いようです。