カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

【俗説を検証】白髪の人は薄毛やハゲにならない?

白髪の人は薄毛やハゲにならない?

「白髪になる人は薄毛やハゲにならない」という説を聞いたことがおありでしょうか?確かに、カルボの周りでも比較的若く白髪になった人は、剛毛で薄毛ではないイメージがあります。では、「白髪になる人は薄毛やハゲにならない」という説は本当なのでしょうか?

 

白髪の人は薄毛やハゲにならない?

白髪の人は薄毛やハゲにならないという説に根拠がない

「白髪の人は薄毛やハゲにならない」という説には、特に根拠がないようです。

 

白髪の原因は、ストレスや加齢で毛根の色素細胞でメラニン色素が作られなくなることにあります。一方、薄毛の原因には、毛母細胞が深く関わっています。つまり、白髪と薄毛の原因はそれぞれ別の場所にあるため、両者には因果関係がないだろう、ということになります。

 

でも、カルボの勝手なイメージでは、白髪の人で薄毛の人は何となく少ないような気がします。もちろん、白髪だと髪に色がないため薄毛が目立ちにくいというのがそのイメージにつながっている部分はあります。それでも、白髪になる体質や遺伝子を持つ人は薄毛になりにくい体質や遺伝子を持っている気がしてならないのです。

 

実際、科学者たちが研究をした結果、意外な事に相関関係があるに気づく場合があります。例えば、ほくろが多い人は花粉症になりにくいという研究データがあります。ほくろと花粉症の抵抗性との間には何の関係がないように思えますが、両者には何らかの関係があるかもしれないのです。

 

同じように、白髪と薄毛との間には何の関係もないように今は考えられていますが、研究が進んで何らかの関連があることがわかる可能性もあるのです。

 

薄毛研究の進展に期待

薄毛研究の進展に期待

人体の仕組みというのは非常に奥深く、科学が非常に進歩した現代でも、まだ解明されておらず謎に包まれていることが数え切れないほどたくさんあります。

 

これはつまり、薄毛の原因や改善法について、これからも新しい発見が出てくるかもしれないことを意味します。これからの薄毛の研究の進展に期待したいですね。

 

                      記事の最終更新日:2019年10月24日