カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

副作用なしの医薬部外品の育毛剤には購入する価値があるのか?

副作用なしの医薬部外品の育毛剤には購入する価値があるのか?

ネット上では、“副作用なし”を売りにしている医薬部外品の育毛剤が多数販売されています。では、そうした育毛剤は購入する価値があると言えるのでしょうか?

 

“副作用なし”はメリットなのか?

“副作用なし”はメリットなのか?

当然のことですが、どんな製品についても、副作用がないに越したことはありません。この意味では、“副作用なし”の育毛剤にはメリットがあると言えるでしょう。

 

しかしながら、“副作用なし”というのは、発毛効果がないことの裏返しでもあります。本来髪が生えづらくなっている薄毛の部分に髪を生えさせるには、それなりの作用を頭皮や身体に加える必要があり、そのためには何らかの副作用が大なり小なり起こるはずなのです。

 

“副作用なし”の医薬部外品の育毛剤には基本的に発毛効果がなく、それによってAGAや薄毛を改善させることは非常に難しいというのが現実なのです。医薬部外品の育毛剤で期待できるのは、「頭皮を清潔に保つ」とか「抜け毛を予防する」といった程度の効果であり、目で見てはっきりわかるほど薄毛が改善される可能性は極めて低いです。

 

そもそも、薄毛の部分の発毛だけをピンポイントで引き起してくれる副作用のない商品が開発されたら大ニュースになっているはずであり、AGAクリニックなどでも積極的に採用されているはずです。でも、実際にはそんなことにはなっていません。なぜなら、そのような育毛剤は今のところ存在しないからです。

 

副作用なしの医薬部外品の育毛剤には購入する価値があるのか?

副作用なしの育毛剤の価値を歯列矯正を例にして考える

では、実際のところ、副作用なしの医薬部外品の育毛剤には購入する価値があるのでしょうか?

 

この点についての判断は人それぞれであり、発毛効果を得られなくても、AGA・薄毛を改善させることはできなくても、「頭皮を清潔に保つ」とか「抜け毛予防」といった程度の効果を得られれば満足という方であれば、購入してもよいかもしれません。ただ、1ヶ月分で7,000円とか10,000円といったぼったくりのような価格に設定されている育毛剤もありますので、注意が必要です。

 

副作用なしの医薬部外品の育毛剤には購入する価値があるのか、というテーマについて、「歯列矯正」を例に考えてみましょう。

 

あなたが歯並びで悩んでおり歯列矯正を受けたいと考えているとします。今、あなたには以下の2つの矯正法の選択肢があります。

 

1.通常の歯列矯正


矯正器具を歯に装着するため、矯正期間中は歯に食べ物が挟まりやすくなりますし、歯磨きも大変です。また、歯を動かすために月1回矯正装置を調整しますが、調整してから2,3日歯が痛むことがあります。また、稀なケースですが、歯根吸収という歯の根っこが短くなってしまうというトラブルが起きることがあります。でも、2,3年の矯正期間を耐えれば、歯並びはキレイになり、発音も改善され、見た目もよくなります。

 

2.ネットで話題の歯列矯正


ネット上で、矯正器具の装着が不要で、歯も痛くならず、歯根吸収も絶対起きない歯列矯正法が話題になっているとします。その広告によると、取り外しができる透明なマウスピースを使って矯正していくので、矯正期間中のストレスはほとんどない、とのことです。しかし、この方法では、歯はほとんど動かず見た目にはほとんど分からないレベルです。
※Bは例え話であり架空の話です。マウスピースを使って実際に歯を矯正する方法も存在します。

 

あなたは、「通常の歯列矯正」と「ネットで話題の歯列矯正」のどちらを選ぶでしょうか?後者を選ぶ人はまずいないでしょう。なぜなら、あなたが望んでいるのは歯並びを改善させることだからです。確かにその「ネットで話題の歯列矯正」であればほとんど苦しまずに済みますが、歯がほとんど動かないのでは意味がありません。お金の無駄でしょう。

 

選択肢は実際には、「頑張って通常の歯列矯正を受ける」か「矯正をあきらめて何もしない」の2つなのです。

 

“副作用なし”の育毛剤に、この例え話の「ネットで話題の歯列矯正と全く同じことが言えるわけではないかもしれませんが、近いものがあると思います。

 

もし、本気でAGA・薄毛を改善させたいのであれば、AGAクリニックなどに行って、発毛効果のある治療薬を処方してもらうことをお勧めします。もちろん、そうしたAGA治療薬には、前述の「通常の歯列矯正」と同様、リスクがあります。つまり、副作用があります。しかし、薄毛を改善させる確かな効果を期待できます。その薬を使用するかどうかは個々人が自分で決めることですが、まずはAGAクリニックで無料カウンセリングを受けてみることもできるでしょう。

 

おすすめのAGAクリニック☟

今なら無料相談実施中!【AGAヘアクリニック】

薄毛に悩んだら病院へ相談。AGAなら銀クリへ

 

また、低出力レーザー照射も家庭でできる薄毛対策として非常におすすめです。薬を体内に取り入れるわけではなく、レーザーを照射するだけという特性上、副作用がほとんど報告されていません。価格は数万円しますが、長い期間使うことを考えれば決して高い買い物ではありません。詳しくは、下記の記事をご覧ください。

 

www.calvo-aga.com

 

 記事の最終更新日:2019年10月29日