カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

HARG療法(ハーグ療法)とは?AGA・薄毛に本当に効果があるの?

HARG療法(ハーグ療法)とは?AGA・薄毛に本当に効果があるの?

薄毛に悩む方であれば一度は「HARG療法(ハーグ療法)」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。では、このHARG療法とは一体何でしょうか、AGA・薄毛に本当に効果があるのでしょうか?

 

HARG療法(ハーグ療法)とは?

HARG療法(ハーグ療法)とは?

HARG療法とは“Hair Re-generative Theraphy”の略で、日本語に訳すと「毛髪再生療法」となります。これは、発毛・育毛に有効な成分を頭皮の薄毛が気になる部分に注入するという薄毛の治療法のことです。

 

注入する有効成分のことを「HARGカクテル」と呼びますが、HARGカクテルには、幹細胞から抽出した150種類以上の成長因子を含んだタンパク質や、ビタミン、アミノ酸を含まれています。HARGカクテルを頭皮に注入すると、幹細胞が活性化し、細胞分裂や毛髪への栄養補給が促進され、増毛したり髪の毛が太く強くなったりします。

 

HARG療法をする場合、3~4週間に1回のペースで合計6~8回ほど行うのが一般的です。AGAによる薄毛の進行具合が初期~中期の人であれば、早い人で3ヶ月、遅い人でも6ヶ月で効果が表れるそうです。

 

なお、HARG療法は、「日本医療毛髪再生研究会」に認定された医療機関でしか施術を行えないことになっています。

 

HARG療法(ハーグ療法)のメリットとは?

 

副作用が特にない

 

HARG療法は、全世界で10万例以上の実績がある中で、アレルギーの発症の報告は1例もされていない安全な施術として知られています。副作用のない薄毛対策を探している人にはオススメと言えるかもしれません。

 

HARG療法(ハーグ療法)のデメリットとは?

HARG療法(ハーグ療法)は費用が高いのがデメリット

発毛効果を示す十分な研究データがない

 

HARG療法で髪の毛が増えたという臨床試験のデータは存在します。しかし、その研究の対象人数は20~30人程度と小規模なため、十分な信ぴょう性があるとはいい難いです。

 

費用が高い

 

1回の施術あたり10万円~15万円が費用の相場となっています。つまり、1クール(6回~8回)で60万円~120万円もの費用がかかることになります。非常に高額なので、簡単に手を出せる薄毛対策ではありませんね。

 

施術が終わった後も対策が継続して必要

 

HARG療法で薄毛を治療して効果があったとしても、その効果はずっと続くわけではありません。HARG療法の治療後も効果を継続させるには、3ヵ月に一度くらいのペースで施術を定期的に行うか、フィナステリドなどのAGA用の治療薬の服用が必要になります。

 

なぜこのように治療後にも対策が必要になるかというと、HARG療法を施術したからといって、AGAの進行が止まるわけではないからです。HARG療法は、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)や5αリダクターゼをどうにかしてくれるわけではなく、これらの作用によって働きが鈍くなった毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化させて育毛しようという治療法ですので、AGAを根本的に治してくれるわけではないのです。

 

カルボはHARG療法(ハーグ療法)を取り入れるか

HARG療法は薄毛対策として有効か?

カルボは今のところ、HARG療法を自身の薄毛対策に取り入れるつもりはありません。理由は、単純に費用があまりにも高いからです。

 

80万円や100万円といった費用をかけるなら、施術後に長期間効果が持続する「自毛植毛」の方がメリットがあるように思います。もっとも、カルボは費用の関係で自毛植毛にも手を出してはいませんが。

www.calvo-aga.com