カルボの薄毛対策グッズ紹介所

20代後半から7年以上薄毛に悩んでいるカルボが、薄毛対策に役立つグッズを紹介しています。専門家ではないので、医薬品についてはほとんど書いていません。「育毛ビジネスの闇」についても警鐘を鳴らしています。主な参考文献は「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」です。

【まとめ】育毛レーザー・ヘアマックス(HairMax)について徹底解説!!

育毛レーザーとして有名なヘアマックス(HairMax)について詳しく解説した記事というのは意外と多くありません。そこで、今回は育毛レーザー・ヘアマックスのすべてについて徹底解説したいと思います。低出力レーザーが育毛におすすめである理由、ヘアマックスの育毛効果、ヘアマックスの副作用、ヘアマックスを安く購入する方法(最安値で購入する方法)などについてご説明します。

育毛レーザーがおすすめである理由

低出力レーザーが育毛におすすめである理由

育毛レーザーとは?

 

育毛レーザーとは、低出力レーザーを搭載した育毛機のことです。

 

低出力レーザーは、極めて弱いレーザーの光を皮膚の表面から照射して、痛みや炎症を和らげたり、体の自己治癒力を高めたりします。痛みを伴わず、副作用のない、安全な治療法として近年注目されていますが、薄毛改善にも役立つことがわかっています。

 

このため、低出力レーザーを搭載した育毛器が開発されるようになり、そうした製品を育毛レーザーと呼んでいます。ただし、低出力レーザーを搭載していない(LEDレーザーなどを搭載している)製品もありますので、注意が必要です。育毛効果が臨床試験でしっかり示されているのは低出力レーザーであり、他の種類のレーザーに効果があるかどうかは不明です。

 

必ずヘアマックス(HairMax)などの低出力レーザーを搭載した育毛レーザーを使用するようにしましょう。

 

低出力レーザーの育毛効果のメカニズムとは?

 

レーザーが育毛やAGA・薄毛対策に有効として注目されるようになったきっかけは、1960年代後半の出来事にあります。

 

ハンガリーの医者が実験用マウスにレーザーを照射し発がん性を調べようとしたところ発がん性はなかったのですが、毛が生えてきたことから、レーザーと発毛との間に何らかの因果関係があるのではないかと考えられるようになったのです。

 

低出力レーザー照射による発毛・育毛効果は、完全に解明されているわけではありませんが、下記の作用によるものではないかと考えられています。

 

・細胞分裂の促進
・ミトコンドリアによる抗酸化防御
・ATP産生による細胞の活性化
・毛包幹細胞や毛包上皮細胞の活性化
・炎症性のサイトカインの減少
・抗炎症サイトカインの増加

 

低出力レーザーの育毛効果は専門家も評価している

 

日本では、AGAの治療薬である「フィナステリド」や「ミノキシジル」と比べると、まだまだ低出力レーザーの認知度は低いようですが、最近では有効なAGA・薄毛対策の1つとして関心を集め出しています。

 

事実、「日本皮膚科学会」という専門家から成る団体が数年に一度出している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」(2017年版)の中で、低出力レーザー照射は、A評価(行うよう強く勧める)のフィナステリド(内服)、デュタステリド(内服)、ミノキシジル(塗り薬)に次ぐ評価であるB評価(行うよう勧める)を獲得しています。

 

このガイドラインによると、655nm低出力レーザー(週3回の照射)の臨床試験が行われて、その結果が低出力レーザーの育毛効果を裏付けているとのことです。

 

男性被験者110名を対象とした観察期間26週間のランダム化試験で、低出力レーザー照射群では照射前と比べて毛髪の数が1㎡あたり19.8本増加し、偽の低出力レーザー照射群では1㎡あたり7.6本減少したという結果が出ています。副作用として、この110名のうち4例に軽度の照射部の異常知覚、4例に軽度の蕁麻疹が発生したとのことです。

 

※参考文献:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
    https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

 

低出力レーザーの育毛効果を裏付ける他の根拠

 

他にも、低出力レーザーの育毛効果を裏付けるものとして以下の事柄があります。

 

・薄毛改善に低出力レーザーの有効性を示す4つの論文が学術雑誌に掲載されている。
・メタアナリシス(研究論文を分析した論文)でも低出力レーザーの有効性が認められている。
・過去に320もの雑誌で低出力レーザー療法機器が紹介されている。
・AGAクリニックのサイトなどでも低出力レーザー照射にAGA・薄毛改善効果が期待できると説明されている。

 

【関連記事リンク】

www.calvo-aga.com

 

育毛レーザーのメリットとデメリット

育毛レーザーのメリットとデメリット
育毛レーザーのメリットとデメリットをご紹介します。

 

育毛レーザーのメリット

 

副作用のリスクが非常に低い

低出力レーザーの副作用はほとんど報告されていません。頭皮に赤みやかゆみが生じる人もいるようですので、副作用のリスクがゼロというわけではありませんが、基本的には非常に安全に使用できる育毛機と言えるでしょう。

 

自宅でも手軽に照射できる

低出力レーザーは自宅で使える機器も販売されていますので、自宅で手軽に照射できます。しかも、時間は数分から15分くらいですので無理なく育毛を継続できます。

 

コストパフォーマンスが高い

AGAクリニックや育毛サロンなどで低出力レーザーの照射を受けると費用がかさみますが、自宅で使える育毛レーザーなら費用はさほどかかりません。

グレードの高いものだと10万円や20万円する機種もありますが、一度購入すれば何年間もつかえますので、他のAGA・薄毛対策と比べてコスパに優れていると言えるかもしれません。お金に余裕のない場合は、数万円で手に入る育毛レーザーもありますので、そうした商品から始めてみるのも一つの手でしょう。

 

育毛レーザーのデメリット

 

フィナステリドやミノキシジルよりも育毛効果が低い?

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」の中でフィナステリド(内服)とミノキシジル(塗り薬)の推奨度がAとなっているのに対し、低出力レーザー照射はBとなっています。

また、多くのAGAクリニックでは、フィナステリドやミノキシジルを薄毛治療のメインとすることはあっても、低出力レーザーをメインにすることはありません。これは低出力レーザーの育毛効果がフィナステリドやミノキシジルほどには期待できないからでしょう。

 

※妊娠している女性や妊娠する可能性のある女性はフィナステリドを服用してはなりません。

 

【関連記事リンク】

www.calvo-aga.com

 

育毛レーザーの中でも特にヘアマックスがおすすめである理由

育毛レーザーの中でも特にヘアマックスがおすすめである理由
家庭で使える育毛用の低出力レーザーの製品が多数販売されていますが、どれも信頼できるとは限りません。というより、多くの製品は臨床試験によるデータを出していないので、本当にその製品で効果があるのか不安があります。

 

この点、信頼性が高いと言われているおすすめの育毛レーザーがヘアマックス(HairMax)です。なぜなら、ヘアマックスは、AGAの治療に有効な医療レーザー装置としてアメリカのFDA(米国医薬食品局)によって認可されていますし、ヘアマックスを使った臨床試験の結果も出ているからです。

 

ヘアマックスの臨床試験は26週間にわたって行われました。臨床試験では、薄毛に悩む男性128人、女性141人が、低出力レーザーもしくはダミー機を頭皮全体に週3回の頻度で26週間、継続して使用しました。

 

結果、低出力レーザーとダミー機を使用した場合とで明らかな効果の違いが生まれ、低出力レーザーを使用した93%の被験者に髪の毛の数が増える育毛効果(平均1㎠あたり20本ほど)が表れました。

 

※参考サイト:「臨床研究」(HAIRMAX公式サイト)
  https://www.hairmaxjapan.com/site/clinicalStudies 

 

気になる価格についてですが、同じくらいのレーザーの個数を搭載する他の育毛レーザーの製品と比べてもリーズナブルです。

 

しかも、このおすすめの育毛レーザー・ヘアマックスを8%割引で購入できるクーポンがあります。下記のヘアマックス(HairMax)の公式サイトから商品注文画面に行って、クーポンコードを入力すると、ヘアマックスの商品を8%割引の価格で購入できます。

クーポンコード:HMX2016

 

 

【関連記事リンク】

www.calvo-aga.com

 

【参考動画】

www.youtube.com

 

低出力レーザー ヘアマックス(HairMax)の育毛効果

低出力レーザー ヘアマックス(HairMax)の育毛効果を示すデータ
先ほど、ヘアマックス(HairMax)については、臨床試験によって育毛効果が確認されていることについて触れました。ここで、その臨床試験の内容と結果をさらに詳しくご紹介します。

 

臨床試験の内容

 

・薄毛に悩む男性128人、女性141人が、レーザー育毛機もしくはダミー機を頭皮全体に、週3回の頻度で26週間継続して使用した。

 

・被験者の思い込みが実験に影響を与えないように、被験者は低出力レーザーの育毛器なのか、ダミー機なのかを知らずに使用した (ダブルブラインドテスト)

 

臨床試験の結果

 

・臨床試験の結果、男性103名、女性122名にレーザー育毛機とダミー機を使用した場合の効果に明らかな違いが出た(残りの男性25名、女性19名は試験途中で連絡がつかなくなったなどの理由で確認対象から外れた)。

 

・男性103名の結果
レーザー数12個:1㎠あたり平均25.7本増加した。
レーザー数9個:1㎠あたり平均20.9本増加した。
レーザー数7個:1㎠あたり平均18.4本増加した。

 

・女性122名の結果
レーザー数12個:1㎠あたり平均20.6本増加した。
レーザー数9個:1㎠あたり平均20.2本増加した。
レーザー数7個: 使用者なし

 

・レーザー数が12個の低出力レーザーで発毛効果が出た人の割合
1㎠あたり20本以上髪の毛が増えた人の割合:男性:68%、女性:41%
1㎠あたり5本以上髪の毛が増えた人の割合:男性:82%、女性:95%
1㎠あたり1本でも髪の毛が増えた人の割合:男性:96%、女性:98%

 

このようなわけで、低出力レーザーのヘアマックスの育毛効果や発毛効果に関しては、臨床試験によってしっかり裏付けられています。

 

ヘアマックスはどれくらい期間使用するべきか?

 

ちなみに、臨床試験は26週間の期間をかけて行われましたが、男性の場合は16週間後ですでに育毛効果が出ている人が多く、女性の場合は16週間後よりも26週間後に効果が出ている人の割合が高かったです。

 

ヘアマックスの育毛効果の有無を判断する場合には、最低でも16週間、あるいは26週間は使用を続けた方がよいでしょう。そして、効果があった場合には、ずっと継続して使用していくべきです。

 

【関連記事リンク】

www.calvo-aga.com

 

育毛レーザーのヘアマックスに副作用はあるか?

育毛レーザーのヘアマックスに副作用はあるか?

育毛レーザーのヘアマックス(HairMax)は、2001年の3月から販売され、19年近く使用されています。しかしながら、ヘアマックスについて重大な副作用は報告されていません。

 

軽度の副作用については、下記のものが報告されています。

 

・頭皮の乾燥:5.1%
・かゆみ:2.5%
・頭皮過敏:1.3%
・炎症:1.3%
・治療部位における温感覚(1.3%)

 

このようなわけで、育毛レーザーのヘアマックスには副作用はあるものの、軽度のものだけで、しかも発症率は低いので、非常に安全性の高い薄毛対策と言えるでしょう。

 

カルボも、6年間ほど低出力レーザーの育毛器を使用していますが、副作用は特に起きていません。強いて言えば、照射中に頭皮が何となく温かく感じる程度です。

 

【関連記事リンク】

www.calvo-aga.com

 

育毛レーザー ヘアマックス(HairMax)のラインナップ

育毛レーザー ヘアマックス(HairMax)のラインナップ

画像引用元:ヘアマックス公式サイト HairMax Japan 

 

育毛レーザーのヘアマックス(HairMax)にはいくつかのラインナップがあります。


ウルティマ9

 

・形状:クシタイプ
・レーザー数:9個
・週に3回使用する
・1回の使用時間:11分
・バッテリー内蔵:あり
・重さ:170g

 

ウルティマ12

 

・形状:クシタイプ
・レーザー数:12個
・週に3回使用する
・1回の使用時間:8分
・バッテリー内蔵:あり
・重さ:170g

 

レーザーバンド41

 

・形状:バンドタイプ
・レーザー数:41個
・週に3回使用する
・1回の使用時間:3分
・バッテリー内蔵:あり
・重さ:243g

 

レーザーバンド82

 

・形状:バンドタイプ
・レーザー数:82個
・週に3回使用する
・1回の使用時間:90秒
・バッテリー内蔵:あり
・重さ:428g

 

パワーフレックス272

 

・形状:キャップタイプ
・レーザー数:272個
・週に3回使用する
・1回の使用時間:15分
・バッテリー内蔵:あり
・重さ:1,590g

 

育毛レーザー へアマックスを最安値で買えるのはどこ?

育毛レーザー へアマックスを最安値で買えるのはどこ?
育毛レーザーのヘアマックス(HairMax)は、Amazon(アマゾン)、楽天市場、ヘアマックス公式サイトなどで購入できます。

 

Amazon(アマゾン)

 

現在、アマゾンでは「ウルティマ9」、「ウルティマ12」、「レーザーバンド82」を取り扱っています。

 

・ウルティマ9の最安値:35,829円(送料無料)※並行輸入品

・ウルティマ12の最安値:58,800円(送料2,000円)

・レーザーバンド82の最安値:108,900円(送料無料)

 

楽天市場

 

現在、楽天市場ではヘアマックスを取り扱っていないようです。

 

ヘアマックス公式サイト

 

ヘアマックス公式サイトでは、すべてのモデルを取り扱っています。

 

・ウルティマ9の価格:43,800円(今なら送料無料)

・ウルティマ12の価格:58,800円(今なら送料無料)

・レーザーバンド41の価格:88,800円(今なら送料無料)

・レーザーバンド82の価格:108,900円(今なら送料無料)

 

上記のヘアマックスの価格をまとめると、以下のようになります(すべて税込)。

 

ウルティマ9の価格

 

・アマゾン:35,829円(送料無料)※並行輸入品 ☚最安値

・楽天市場:取り扱いなし

・ヘアマックス公式サイト:43,800円(今なら送料無料)☚おすすめ

※アマゾンが最安値ですが、並行輸入品なので、不具合があった時に保証をきちんと受けられなかったり、偽物が混在しているリスクがあるようです。

 

ウルティマ12の価格

 

・アマゾン:58,800円(送料2,000円)

・楽天市場:取り扱いなし

・ヘアマックス公式サイト:58,800円(今なら送料無料)☚最安値

 

レーザーバンド41の価格

 

・アマゾン:取り扱いなし

・楽天市場:取り扱いなし

・ヘアマックス公式サイト:88,800円(今なら送料無料)☚最安値

 

レーザーバンド82の価格

 

・アマゾン:108,900円(送料無料)☚最安値

・楽天市場:取り扱いなし

・ヘアマックス公式サイト:108,900円(今なら送料無料)☚最安値

 

パワーフレックス272の価格

 

・アマゾン取り扱いなし

・楽天市場:取り扱いなし

・ヘアマックス公式サイト:198,800円(今なら送料無料)☚最安値

 

結局、ヘアマックスはどこで買うのがおすすめ?

 

ウルティマ12、レーザーバンド41、フレックス272については、ヘアマックス公式サイトでしか買うことができません。ウルティマ9に関してはアマゾンが安いという結果になりましたが、並行輸入品なのでヘアマックス公式サイトで購入した方が安全です。レーザーバンド82については、アマゾンとヘアマックス公式サイトで同じ価格ですが、やはりヘアマックス公式サイトで購入した方が安心でしょう。

 

しかも、ヘアマックス公式サイトでの購入には、返品保証が付きます。購入より30日以内であれば商品を返品することが可能となっていますので、安心です。

 

さらに、ヘアマックス公式サイトの場合、クーポンコード:HMX2016を商品注文画面で入力すると、各種低出力レーザーを8%割引の価格で購入できます。

ヘアマックス公式サイト➡ HairMax Japan

 

ヘアマックスのコストパフォーマンスはどうなのか?

 

ヘアマックスは価格がそれなりにしますが、一度買えばずっと使えますので、長い目で見ればコスパはかなりいいと言えます。

 

例えば、ヘアマックスを8%割引の価格で購入して5年間(60ヵ月間)使用したとすると、1ヵ月あたりのコストは以下のようになります。

 

・ウルティマ9の場合
43,800円×0,92÷60ヵ月=1ヵ月あたり672円

 

・ウルティマ12の場合
58,800円×0,92÷60ヵ月=1ヵ月あたり902円

 

・レーザーバンド41の場合
88,800円×0,92÷60ヵ月=1ヵ月あたり1,362円

 

・レーザーバンド82の場合
108,900円×0,92÷60ヵ月=1ヵ月あたり1,670円

 

・パワーフレックス272の場合
198,800×0,92÷60ヵ月=1ヵ月あたり3,048円

 

このように見ると、1ヵ月あたりの費用に換算すると、コストパフォーマンスは非常に高いことがわかります。

 

ネットでは、発毛効果のない育毛剤が1ヵ月分7,000円や10,000円などの価格で販売されています。一方、臨床試験で発毛効果が確認されているヘアマックスは、一番安いモデルで1ヵ月当たり672円、一番高いモデルでも1ヵ月あたり3,048円の費用で使用できるのです。もちろん、5年と言わずに6年、7年と使用していけば、さらにコスパはよくなります。

ヘアマックス公式サイト➡ HairMax Japan

 

【今すぐ薄毛を克服したい方におすすめの記事】

ibsibs.hatenablog.com

 

※参考文献:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※参考サイト:「臨床研究」(HAIRMAX公式サイト)
https://www.hairmaxjapan.com/site/clinicalStudies 


記事の最終更新日:2020年10月19日