カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

ブログのスタンス-育毛ビジネスの誇大広告に惑わされない

世の中にはたくさんの育毛のための商品やAGA・薄毛対策の商品があります。誇大広告とも言えるような文句で売られているAGA・薄毛対策の商品もたくさんあります。薄毛対策やAGA対策についての情報はネット上にも氾濫しており、その中には不正確な情報もたくさんあります。まさに「育毛の情報化社会」です。

 

なぜ育毛ビジネスの誇大広告に注意する必要があるのか?

ネットに氾濫する育毛ビジネスの誇大広告を眺めている男性
前述の通り、今は薄毛対策やAGA対策についての情報がネット上に氾濫しており、情報を取捨選択していかなければなりません。すべての情報をそのまま鵜呑みにして信じるのは賢明なことではありません。

 

人間は悩み事を持つと、藁をもすがる気持ちで色々な言葉を信じ、それを試したくなります。誇大広告なのではないかと薄々感じていても、「もしかしたら効果があるかもしれない」と変にポジティブになり、その商品を買ってみたりします。

 

売る側もそうした人間の心理を知っているので、誇大広告を使ったり、誇張表現をしたりします。「驚異的」「大発見」「奇跡」「○○と同等の効果」「○○を超える効果」などの言葉が多用されます。

 

薄毛やハゲだけではなく、お肌の悩みや体型についての悩み、健康に関する悩み、その他のコンプレックスを利用するような誇大広告はたくさんあります。誇大広告は法律でコントロールされているとはいえ、「真っ赤な嘘ではないが大袈裟である」程度の広告であれば許容されているのが現実です。

 

そして、こうした悩みにつけ込む形でヒットしている商品は数多くあります。それによって莫大な利益が生まれているのです。こうした状況が変わることはないでしょう。今はお金が第一の世の中だからです。

 

ですから、誇大広告がなくなることもないと考えられます。現代を生きるわたしたちは、誇大広告や宣伝、たくさんの情報と上手に向き合っていかなければならないのです。

 

カルボも薄毛の悩みを抱えていますので、そうした誇大広告や不正確な情報に惑わされてしまう危険があります。でも、カルボはそうした宣伝や情報、誇大広告になるべく惑わされずに、現実的で信頼性の高いハゲ対策・AGA対策・薄毛対策をしていきたいと思っています。薄毛対策に本当に有効な方法をご紹介してきたいと思います。

 

AGA(男性型脱毛症)に本当に効果があるのは?

 

カルボが調査した限りでは、現時点でAGA(男性型脱毛症)・薄毛対策として“非常に有効”なのは、「フィナステリド」,「デュタステリド」,「ミノキシジル」です。

 

また、AGA(男性型脱毛症)・薄毛対策として有効なのは、「低出力レーザー」,「アデノシン」です。

 

もちろん、今後新たにAGA・薄毛に非常に効く成分や方法が発見されることがあるかもしれませんが、現時点ではこれらのもの以外は、効果が全くないか、効果が少ないと考えられます。

 

※女性はフィナステリドとデュタステリドを服用するべきではありません。女性型脱毛症には効果がありませんし、副作用があるからです。特に妊娠中や授乳中の女性がプロペシアを服用した場合、胎児や乳児が男児であった場合に生殖器の発育に異常をきたす可能性があります。

 

たくさんの情報に右往左往させられているうちに髪がなくなってしまった...という悲劇に見舞われないように共に頑張っていきましょう。

 

・フィナステリドについて詳しくは、こちら

・デュタステリドについて詳しくは、こちら

・ミノキシジルについて詳しくは、こちら

・低出力レーザー照射について詳しくは、こちら

・アデノシンについて詳しくは、こちら

をご覧ください。