カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

過敏性腸症候群(IBS)の苦しみ-自炊すると下痢になる

過敏性腸症候群(IBS)の苦しみ-自炊すると下痢になる

過敏性腸症候群と一口に言っても、その症状は様々です。下痢型の人もいれば、便秘型の人もいます。また、下痢と便秘を交互に繰り返す人もいます。また、どんな時に腹痛が起きたり症状が悪化したりするかも人によって異なるでしょう。カルボも、カルボ特有の症状に苦しんできました。その1つは「自炊すると次の日に下痢になる」という症状です。今回は、そのことについての体験談を記したいと思います。

 

過敏性腸症候群の苦しみ-自炊すると下痢になる

過敏性腸症候群(IBS)の苦しみ-自炊すると下痢になる

「自炊すると次の日に下痢になる」という症状は今は起こらなくなりましたが、過敏性腸症候群を発症して2,3年は、「自炊して食事すると次の日に決まってひどい下痢に見舞われる」という症状が起きていました。

 

カルボはその頃大学生で一人暮らしをしていました。カルボはそんなに料理が好きではなく、自炊もそんなにはしていなかったのですが、たまに料理をすることもありました。

 

ある日、カレーを作ってみました。一人暮らしになってからカレーを作ったのはその時が初めてでしたが、自分でもびっくりするほどおいしく出来上がりました。その日は満足感に満たされ、「料理も意外と楽しいな」などと考えていました。

 

しかし、次の日、ひどい下痢に見舞われました。過敏性腸症候群のため日常的に下痢に見舞われていましたが、その日は症状が強く出ました。そのため、しばらくカレーを作るのに恐怖を感じるようになりました。

 

また、別の時に「最近野菜不足だな」と思って、自分でレタスやトマトなどを買ってサラダを作ってみました。「サラダだけでも自分で作れば今後は健康的な生活を送れるな」と思いました。

 

しかし、次の日、ひどい下痢に見舞われました。このため、もうサラダを作るのはやめようと思い、買ったレタスなどがまだ冷蔵庫に残っていたのですが全部捨ててしまいました。

 

このように、カルボの場合、「自炊した次の日に下痢になる」という現象が繰り返し起こりました。別に、不衛生な環境で料理をしていたわけではないので(むしろ神経質なほど衛生には気をつけていました)、細菌性の下痢ではありませんでした。間違いなく、精神的なものが関係して起きた下痢です。

 

カルボはもともと自炊を頻繁にする方ではありませんでしたが、「自炊した次の日に下痢になる」という症状のせいで、カルボはますます自炊を避けるようになりました。過敏性腸症候群は、自炊の楽しみまで私から奪ったのです。さらに言えば、食事の楽しみまで奪ってきたと思います。過敏性腸症候群は本当に厄介な病気です…。

 

www.calvo-aga.com

 

記事の最終更新日:2019年11月1日