カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

コーヒーをやめたら過敏性腸症候群が改善したカルボがコーヒーを再び飲んだらどうなったか?

コーヒーと過敏性腸症候群の関係

以前に記事で書いた通り、カルボの場合、コーヒーをやめたことによって過敏性腸症候群(IBS)の症状が改善しました。現在、コーヒーをやめると決意してから丸3ヵ月が経過しました。しかし、コーヒーの味は好きですし、眠気覚ましにもなるので、どうしてもコーヒーを飲みたいと思うこともあり、最初の1ヵ月半くらいは完全に絶っていたのですが、その後何回かコーヒーを飲んでしまいました。では、その結果、過敏性腸症候群の症状は悪化したのでしょうか?

www.calvo-aga.com

 

コーヒーをやめたら過敏性腸症候群が改善したカルボがコーヒーを再び飲んだらどうなったか?

コーヒーとIBSの関係

過敏性腸症候群(IBS)対策としてコーヒーを控えることにしてからコーヒーを飲んだ正確な回数は覚えていません…。多分、5,6回です。

 

1回目は、旅行の宿泊先で朝に飲みました。コーヒーを飲みたくて飲んだというよりも提供されたので飲んだという感じです。その時は、コーヒーを飲んでから1分後くらいに腹痛に見舞われトイレに駆け込みました…。やはり、コーヒーを飲むと過敏性腸症候群の症状が出やすくなるんだな、と痛感しました。

 

しかし、コーヒーを飲んでからわずか1分くらいで症状が出るというのは、あまりにも早すぎて、ほんとうにコーヒーとそのあと起こった腹痛との間に因果関係はあったのだろうかと、ちょっと疑問に思う気持ちもあります。

 

2回目以降は、すべて午後に飲みました。眠気覚ましに外出先で缶コーヒーを飲んだのが2,3回と人の家でコーヒーを提供されたので飲んだのが2,3回だと思います。これらの時は、何の症状も起きず、体調の変化もありませんでした。なので、朝ではなく午後に一杯飲むくらいであれば、カルボの場合は大丈夫なのかなと思ったりしています。

 

今後の過敏性腸症候群対策

今後の過敏性腸症候群対策

今後もコーヒーをなるべく控える生活は続けていくつもりです。特に、朝一でコーヒーを飲むことはしないと思います。午後に関しては、眠気覚ましにどうしても飲みたくなった時や、付き合いで飲まざるを得ない状況になった時には、飲むと思います。

 

ちなみに、カルボはカフェインへの耐性が低いのか、夜にコーヒーを飲むと眠れなくなります。このため、夜にコーヒーを飲むことは今までもありませんでしたし、今後も飲むことはありません。

 

過敏性腸症候群の症状をやわらげる助けになるサプリもあります↓

 

 

記事の最終更新日:2019年12月24日