カルボの薄毛対策グッズ紹介所

20代後半から7年以上薄毛に悩んでいるカルボが、薄毛対策に役立つグッズを紹介しています。専門家ではないので、医薬品についてはほとんど書いていません。「育毛ビジネスの闇」についても警鐘を鳴らしています。主な参考文献は「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」です。

【抜け毛を科学する】専門家が嘘ばかりの育毛情報を斬った!

専門家がデマだらけのAGA薄毛対策情報を斬った!

2015年11月に、NHKのラジオ番組内「抜け毛を科学する」というトピックが紹介されました。このトピックでは、毛髪研究の第一人者、板見智医師が抜け毛や育毛について解説しました。

 

その内容が最近再びインターネット上で話題となっているようです。ある男性がツイッターでその番組内容を紹介したことがきっかけで、情報が拡散しました。そのつぶやきは10万以上の「いいね」を獲得しています。今回は、そのラジオ番組内で語られた板見医師の見解をご紹介しようと思います。デマだらけの育毛情報を一刀両断する内容となっています。

 

専門家である板見医師の薄毛・ハゲ対策についての見解

専門家である板見医師の薄毛・ハゲ対策についての見解

・毛穴に詰まった汚れを取る

➡皮膚の汚れ程度で毛の成長は止まらない。毛穴をきれいにしてもハゲる時はハゲる。

 

・生活習慣を改善する

➡統計上30年前の生活習慣や食事と現代のそれとを比較してもハゲの数に変化はないので、生活習慣を改善したところでハゲる時はハゲる。

 

・海藻を食べる

➡単なる色の連想ゲーム。海藻を食べても毛は生えない。

 

・頭皮が硬かったり薄かったりするとハゲるので頭皮マッサージをする

➡50年前の迷信である。男性型脱毛症(AGA)では頭皮が柔らかく血流がよくてもハゲる。

 

・炭酸シャンプー

➡薄毛対策にならない。気持ちがいいだけ。

 

・ノンシリコンシャンプー

➡科学的に言って髪が生えることはない。シリコンシャンプーでもノンシリコンシャンプーでもどちらでもよい

 

・頭が蒸れないようにする

➡頭が蒸れることと薄毛には関係がない

 

結論:

「ハゲる時はハゲる」

 

※参照元:

ハゲるときはハゲる! NHK「抜け毛を科学する」の内容が身も蓋もなさすぎて話題に : ハゲルヤ - ハゲと向き合うウェブマガジン

 

それでも男性型脱毛症(AGA)には治療法がある!

それでもAGAには治療法がある

上記の板見医師の見解を見ると、身も蓋もないというか、絶望的な気分になるかもしれません。世の中でいわれている育毛情報が嘘ばかりということになるからです。

 

それでも、板見医師ご自身も認めている通り、男性の薄毛の原因の9割を占める男性型脱毛症(AGA)には治療法があります。

 

その代表的なものが、「フィナステリド」(内服薬)「ミノキシジル」(塗り薬)という薬です。

 

フィナステリドは市販されていませんが、AGAクリニックなどの病院に行くと処方してもらえます。巷に出回っている嘘ばかりの育毛剤情報に振り回されるよりも、まずはAGAクリニックで診てもらうことをおすすめします。

www.calvo-aga.com

 

ミノキシジルの塗り薬は市販されています。有名なのは「リアップ」シリーズでしょう。ミノキシジルが5%配合されている「リアップ X5プラス」などがおすすめです。

 

【第1類医薬品】リアップX5プラスローション 60mL

【関連記事】

www.calvo-aga.com

 

 ※参考文献:

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

 

記事の最終更新日:2020年6月24日