カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

ミノキシジルは実は未承認の薬?本当にAGAに有効なの?

薄毛改善効果や発毛効果があるとされるミノキシジルは実は未承認の薬であるという情報があります。この情報は本当なのでしょうか?

 

ミノキシジルは未承認?

ミノキシジルは未承認の薬?

 

ミノキシジルには、実は、頭皮に塗るタイプの外用薬と、錠剤を飲む内服薬の2つのタイプがあります。

 

ミノキシジル外用薬は、厚生労働省によってきちんと認可されている育毛剤で、薬局で購入できます。ただし、ミノキシジル外用薬は第一種医薬品のため、購入時には薬剤師による説明が必要になります。

 

一方、ミノキシジルの内服薬(ミノキシジルタブレット)は、日本では認可されていない、未承認薬となっています。ですから、ミノキシジルは未承認の薬であるという情報は、半分正解で半分不正解ということになるでしょう。

 

ちなみに、ミノキシジルは、本来は血圧を下げる薬として開発されたものですが、日本では「降圧薬」としてさえも未承認となっています。外国に目を向けてみても、育毛・発毛・薄毛対策目的でのミノキシジル内服薬を認可している国はありません。

 

なぜミノキシジル内服薬が未承認薬かと言いますと、重篤な副作用をもたらす可能性があるからです。

 

ミノキシジルの副作用には、血圧低下、めまいやふらつき、手足のむくみ、吐き気、腹痛、体毛の増加などがあります。また、心嚢液(しんのうえき)という心臓の周りを取り囲んでいる袋(心嚢)に満たされている液体が増え、心臓が動きにくくなる症状(心タンポナーゼ)や、心筋に障害が生じる可能性があることがわかっています。

 

このようなわけで、ミノキシジル内服薬は、副作用の危険度が比較的高いので、未承認となっているわけです。

 

それでも、AGAクリニックでは、内服型のミノキシジルを処方しています。

 

なぜAGAクリニックでミノキシジル内服薬の処方が可能かと言いますと、医師は、「治療・治験という正当な目的があり」、「治療法において医学的な根拠や効果を期待する相当な理由があり」、「インフォームドコンセントが取れている」場合には、自分の裁量で国内未承認薬を使用することが可能となっているからです。

 

実際、発毛効果は、ミノキシジル外用薬よりもミノキシジル内服薬の方がだいぶ高いと言われています。肌にはバリア効果があるので、頭皮にミノキシジルに塗っても吸収効率が悪いですが、内服薬であれば確実に体内に吸収されるからです。

 

もし、ミノキシジル内服薬によるAGA治療に興味があるのであれば、AGAクリニックに相談してみることをおすすめします。

診察料0円「明確」なAGA専門病院

ミノキシジル外用薬はどれくらいで効果が出るのか?

 

ミノキシジル内服薬の効果については、AGAクリニックで専門医からしっかり説明を受けられると思いますので、ここでは、ミノキシジル外用薬の効果について説明します。

 

国内で市販されているミノキシジル外用薬には、大正製薬の「リアップ」・「リアップX5プラスローション」、アンファーの「スカルプD メディカルミノキ5」、ロート製薬の「リグロEX5」、東和薬品の「ミノアップ」、岩城製薬の「ミノグロウ」などがあります。ちなみにカルボが調べた限りで一番安いのは下記の「ミノグロウ」です。

 

【第1類医薬品】  リアップX5プラスと同等のミノキシジル5%配合です。【送料無料】岩城製薬 ミノグロウ 60ml みのぐろう

価格:3,510円
(2019/9/21 11:45時点)
感想(0件)

【第1類医薬品】【送料無料】60ml×3  みのぐろうリアップX5プラスと同等のミノキシジル5%配合です。岩城製薬 ミノグロウ 60ml×3 みのぐろう

価格:9,199円
(2019/9/21 11:48時点)
感想(0件)

「リアップ」はミノキシジル1%含有ですが、それ以外の商品はすべてミノキシジル5%となっています。大正製薬のデータによると、ミノキシジル1%よりもミノキシジル5%の方が明らかに効果が高いことが判明しています。

 

大正製薬が公表している「リアップX5プラスローション」の臨床試験データを見ると、外用薬では早い人だと2ヵ月でその効果を実感しているようです。しかし、平均的には、リアップX5プラスの使用を開始してから4~6ヵ月で効果を感じる人が多いようです。

 

ちなみに、ミノキシジルは特に頭頂部の薄毛によく効くそうです。ですから、ミノキシジル外用薬は、AGAによって頭頂部が薄くなっている人に特に効果を発揮すると言えるでしょう。

ミノキシジルが薄毛を改善させるメカニズム

 

ミノキシジルの薬理作用はまだはっきりしたことが分かっていません。そのため、なぜ頭頂部の薄毛によく効いて、その他の部位にはさほど効果を発揮しないのかの理由についてもはっきりしたことが言えません。

 

ミノキシジルには血管拡張作用がありますので、それによって毛根の細胞分裂が活性化し、強くコシのある髪の毛が成長すると言われてはいますが、ミノキシジル以外の血管拡張薬には発毛の効果がありませんので、血管拡張作用だけが発毛を生じさせているわけではありません。

 

ミノキシジルの血管拡張作用以外の何かも発毛に関係している可能性が高いわけです。最近の研究では、ミノキシジルが、髪の成長に必要な「VEGF」や「KGF」という成長因子の分泌を促し、それによって毛母細胞を活性化させている可能性があることがわかってきました。

 

今後も、ミノキシジルについての研究が進み、その薬理作用についてさらにはっきりしたことがわかるといいですね。

 

いずれにしても、ミノキシジルに発毛効果があるのはしっかりと確認されています。薄毛に悩んでいて本気で発毛・育毛したいと考えているのであれば、ミノキシジル外用薬の購入をするか、AGAクリニックでミノキシジル内服薬を使用できないか相談してみることができるでしょう。

最新のAGA治療なら【メンズサポートクリニック】

診察料0円「明確」なAGA専門病院