カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

【薄毛の方必見】効果的な育毛には複数の対策を同時に行うのが大切?

 

効果的な育毛には複数の対策を同時に行うのが大切

「本当に効果のあるおすすめのAGA・薄毛対策7選をご紹介!」の記事でご紹介した通り、効果的な育毛にはいくつかの方法がありますが、大切なのは、どれか1つの対策を講じるだけではなく、いくつかの方法を同時に行うことです。育毛には、発毛を促す「攻め」の対策と、薄毛の進行を抑制する「守り」の対策がありますから、攻めと守りを両方実践するべきです。では、具体的に言って、どんな育毛法を同時に行なえば良いのでしょうか?

 

攻めの育毛法―ミノキシジル

ミノキシジルには発毛効果がある

攻めの育毛対策、つまり発毛を促す対策として効果があるのは、ミノキシジルを配合した育毛剤を使用することです。

 

ミノキシジルは、元々、アメリカで高血圧症治療の内服薬として血管を拡張して血流を改善するために使用されていました。しかし、治療中の患者に全身の多毛症が起こるケースが頻発していたとから改めて発毛剤の成分として研究・開発され、薄毛改善のための外用薬として誕生しました。

 

ミノキシジルが発毛作用の詳細なメカニズムはまだはっきり分かっていませんが、毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛を促すと考えられています。

 

ミノキシジルを配合した育毛剤は第一類医薬品に該当し、日本では基本的に薬剤師の説明を受けないと購入することができません。ただし、Amazonや楽天市場などでも、WEB上でいくつかの質問に回答することにより購入できるようになっています。

 

ミノキシジルを配合した育毛剤として一番有名なのは大正製薬の「リアップ」シリーズです。しかし、今ではその特許が切れたため、さまざまなメーカーがミノキシジル配合の育毛剤を発売しており、リアップの半額程度の価格で購入できる安い商品もあります。

 

【第1類医薬品】  リアップX5プラスと同等のミノキシジル5%配合です。【送料無料】岩城製薬 ミノグロウ 60ml みのぐろう

 

 

リアップは当初はミノキシジル1%配合のものしかありませんでしたが、その後さらに効果の高いミノキシジル5%配合の商品(リアップX5)も出しました。また、現在さまざまなメーカーが出している競合商品ほぼすべてにもミノキシジルが5%配合されています。

 

ちなみに、ミノキシジル5%配合の外用薬を52週間継続して使用した臨床試験では、薄毛が改善した人の割合は97.8%(軽度改善:20.0%、中等度改善:66.7%、著名改善:11.1%)にもなりました。

 

※ミノキシジルには副作用があります。副作用についてよく理解した上で使用してください。

 

攻めの育毛法―低出力レーザー

低出力レーザーにも育毛効果がある

低出力レーザーも攻めの育毛対策として効果的です。低出力レーザーの発毛効果は、臨床試験の結果によって裏付けられています。

 

また、低出力レーザーについては副作用がほとんど報告されていないため、非常に安全な育毛対策として注目を集めています。

 

家庭で使える育毛用の低出力レーザーの製品が多数販売されていますが、どれも信頼できるとは限りません。というより、多くの製品は臨床試験によるデータを出していないので、本当にその製品で効果があるのか不安があります。

 

この点、信頼性が高いと言われているおすすめの低出力レーザーがHAIRMAX(ヘアマックス)です。なぜなら、ヘアマックスは、AGAの治療に有効な医療レーザー装置としてアメリカのFDA(米国医薬食品局)によって認可されていますし、ヘアマックスを使った臨床試験の結果も出ています。

 

ヘアマックスを26週間・週3度のペースで頭皮に照射した臨床試験では、下記の結果が出ています。

 

・男性103名の結果

レーザー数12個:1㎠あたり平均25.7本増加した。

レーザー数9個:1㎠あたり平均20.9本増加した。

レーザー数7個:1㎠あたり平均18.4本増加した。

 

・女性122名の結果

レーザー数12個:1㎠あたり平均20.6本増加した。

レーザー数9個:1㎠あたり平均20.2本増加した。

レーザー数7個: 使用者なし

 

ちなみに、下記のヘアマックスの公式サイトから商品注文画面に行って、クーポンコード(HMX2016)を入力すると、ヘアマックスの商品を8%割引の価格で購入できます。

 

守りの育毛法-フィナステリド

フィナステリドはAGAの原因に作用する

AGA(男性型脱毛症)は、ジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉ホルモンによって引き起こされます。

 

このDHTは、男性ホルモンのテストステロンが髪の根元にある毛乳頭細胞で5アルファリダクターゼ(5α還元酵素)と結びつくことによって発生してしまいますが、フィナステリドはこの5αリダクターゼ酵素の作用を抑制してくれる薬です。

 

結果として DHTの発生が抑制され、ヘアサイクルが徐々に正常に戻って髪がしっかり育つことになります。つまり、フィナステリドは、AGAの原因に作用してくれるので、薄毛の進行を抑制できるのです。この意味でフィンステリドは「守り」の要と言えます。

 

事実、3年間にわたる臨床試験において、AGAの進行抑制としては、フィナステリドは98%の人に効果があったという結果が出ています。

 

ただし、フィナステリドには「攻め」の一面もあります。フィナステリドの臨床試験では服用者の多くにある程度の発毛も認められているのです。国内の臨床試験では半年で48%、1年で58%、2年では68%、3年で78%と毛髪の量が増える人が経時的に増えていきました。さらに、髪が増えるだけでなく、髪の質(長さ、太さ)なども改善することが判明しています。

 

「プロペシア」などのフィナステリドを配合した薬は、国内では処方箋医薬品と分類されていますので、入手するには医師による処方箋が必要です。このため、AGAクリニックなどに行って薬を出してもらうというのが、フィナステリドを入手する方法となります。

 

費用はAGAクリニックなどによって異なりますが、リーズナブルな所では1ヵ月分で6,000円前後です。

・おすすめのAGAクリニック➡診察料0円「明確」なAGA専門病院

 

攻めと守りの育毛法を実践しよう!

 

今回は、攻めと守りの育毛方法について見てきました。これらの対策を同時並行で実践するなら、非常に効果的な薄毛対策ができるでしょう