カルボの薄毛対策グッズ紹介所

20代後半から7年以上薄毛に悩んでいるカルボが、薄毛対策に役立つグッズを紹介しています。専門家ではないので、医薬品についてはほとんど書いていません。「育毛ビジネスの闇」についても警鐘を鳴らしています。主な参考文献は「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」です。

【薄毛対策】育毛におすすめできないシャンプーとは?

育毛におすすめできないシャンプーとは?
薄毛で悩んでいる方はシャンプー選びにも気を使っていることでしょう。そんな方は、育毛におすすめのシャンプーについて知る前に、育毛におすすめできないシャンプーについて知るべきです。そうすることによって、お金と時間の浪費を避けることができるからです。

育毛におすすめできないシャンプーとは?

育毛におすすめできないシャンプーとは?

育毛におすすめできないシャンプーとは、ズバリ、「ネットで“育毛用”として売られているシャンプー」です。

 

ちなみに、「育毛シャンプー」という表現は薬機法に反しているため、育毛シャンプーという名前やカテゴリで販売されている商品はないのですが、育毛に効くかのような宣伝で売られているシャンプーが多数存在します。「育毛シャンプー」とは言えないので、「スカルプシャンプー」などのお茶を濁したような名称で販売されていることが多いです。

 

では、「ネットで“育毛用”として売られているシャンプー」がおすすめできない理由とは何でしょうか?理由は2つあります。

 

1.価格が高い

おすすめできない一番大きな理由は、価格が高いことです。「ネットで“育毛用”として売られているシャンプー」は、5,000円や7,000円などの異常に高い価格で売られている商品が多いです。薄毛の悩みに付け込めばそれくらいのお金は出してくれるだろう、という狙いがあるのかもしれません。しかし、現実的に言って、最後に水で洗い流すシャンプーに育毛効果はほとんど期待できませんから、高いお金を出す価値があるとは思えません。

 

2.育毛効果を期待できない

先ほど述べたように、シャンプーに育毛効果を期待することはできません。見た目で判別できないような微妙な効果があるものがあるかもしれませんが、薄毛がはっきり改善されるなどということはほとんど考えられません。このブログで時々指摘している通り、医薬部外品の育毛剤ですらほとんど薄毛改善効果を期待できないわけですので、水で洗い流してしまうシャンプーにはなおさら効果は期待できない、という結論になります。

 

【関連記事リンク】

www.calvo-aga.com

 

参考サイト:

ほとんどの育毛剤は効果なし?広告の文言で薬事法に抵触するものも - ライブドアニュース

 

薄毛とシャンプーにはあまり関係がない?

薄毛とシャンプーにはあまり関係がない?

薄毛の人で、「頭皮によくないシャンプーを使っていたので薄毛になってしまった」と考えている人は少なくありません。

 

しかし、実は、シャンプーと薄毛にはあまり関係がありません。

 

もちろん、ほとんど髪を洗わずに非常に不潔にしているとか、シャンプーやリンスをほとんどすすがずに放置している、といった極端な場合には影響があるかもしれません。また、シャンプーの代わりに食器用の洗剤を使っているとか、頭皮を異常なまでに強い力で擦ってシャンプーしているなどの場合も、薄毛につながる場合があるでしょう。

 

でも、通常の方法でシャンプーを使っていればそれが薄毛を引き起こすとは考えづらいです。シャンプーの中に、洗浄力が強めのものと頭皮に優しめのものがあるのは事実ですが、洗浄力が強めだとしても、極端に強いわけではありません。あくまでも頭皮に使用する目的に製造されているわけですから、薄毛を引き起こすほどの強い洗浄成分を使用するとは普通は考えられません。

 

もし、シャンプーが薄毛を引き起こすとすれば、女性を含めて現代人のほとんどが薄毛になってしまうでしょう。でも、実際にはそのようなことにはなっていません。

 

ですから、カルボは、シャンプー選びにあまり気を使う必要はないと考えています。

 

薄毛におすすめのシャンプーとは?

薄毛におすすめのシャンプーとは?

前述の通り、シャンプーは基本的に何でも大丈夫だと思いますが、強いて言うならば、薄毛にはカフェイン配合のシャンプーがおすすめです。なぜなら、以下のような研究結果があるからです。

 

・“in vitro”の実験で、カフェインが毛包の発育を抑制しているテストステロンの働きを抑え、人の毛髪の成長を刺激する効果があることが分かった。そのため、シャンプーにカフェインを添加すると薄毛の改善に役立つのではないかと考えられる。

 

・イエナ大学の研究では、 カフェインを頭皮に塗布することで、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついて発生するジヒドロテストステロン(DHT)が原因となって発症するAGA(男性型脱毛症)の改善に効果があるという結果が出た。また、カフェインを頭皮に塗布することで毛髪が平均で46%伸び、毛髪の寿命が37%まで伸びた、という報告もある。

 

ただし、これらの研究結果は医学的根拠としてはまだ不十分です。例えば、“in vitro”とは試験管内などの人工的に構成された条件下で実施された実験で、生きている人間の頭皮を対象にして行われた臨床試験ではありません。またイエナ大学の研究も、どれくらいの人を対象にした臨床試験だったのか、どれくらいの期間をかけたのかなど、詳細が明らかになっていません。

 

このため、カフェイン配合のシャンプーが薄毛に良いと断言はできませんが、「もしかしたら効果があるかもしれない」ということは言えます。

 

【関連記事リンク】

www.calvo-aga.com

 

参考文献:

^ Fischer TW et al (2007). Effect of caffeine and testosterone on the proliferation of human hair follicles in vitro.. 46(1). pp. 27–35.
^ Otberg N et al (2007). “Follicular penetration of topically applied caffeine via a shampoo formulation.”. Skin Pharmacol Physiol. 20(4): 195–8.

 

薄毛対策におすすめなのはロゴナのシャンプー

おすすめなのはロゴナのシャンプー

薄毛対策として効果があるかもしれないカフェイン配合のシャンプーとしておすすめなのは、ロゴナのカフェイン配合のシャンプーです。

 

ちなみに、ロゴナとは、40年前から植物を研究し、高品質なオーガニックの美容商品を販売しているドイツのブランドです。ロゴナのシャンプーはどれも、植物の力でできています。多くのシャンプーには、シリコン、石油系由来の成分や、動物性由来の成分などが入っていますが、ロゴナはそれらを一切使わない、植物の力のみでの商品を開発している、とのことです。

 

ただし、カルボが薄毛対策にロゴナのシャンプーをおすすめする理由は、「植物の力のみでできている」ということではありません。ロゴナのシャンプーがおすすめなのは、カフェイン配合の商品があることと、価格が良心的なことです。1本1,000円くらいで購入できます。薄毛の方は試してみてはいかがでしょうか?

 

【日本正規輸入品・日本限定品】 ロゴナ ベーシック シャンプー 250ml(すっきり洗える)

【関連記事リンク】

www.calvo-aga.com

www.calvo-aga.com

 

記事の最終更新日:2020年6月8日