カルボの薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが薄毛にまつわる様々な説を検証するブログです。また、ネットに氾濫する巧みな広告表現を使う詐欺まがいの育毛ビジネスや嘘ばかりの育毛情報の闇についても警鐘を鳴らしています。低出力レーザーのヘアマックス (HairMax)についてもたくさん書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群 (IBS)の体験談も載せています。―主な参考文献:「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」,「日本消化器病学会ガイドライン」

【新研究】骨粗しょう症の治療薬が男女問わず薄毛治療に役立つ!?

骨粗しょう症の治療薬が男女問わず薄毛治療に役立つ
FORBES JAPANという経済誌によると、骨粗しょう症の治療薬として開発された薬が、男女を問わず薄毛に悩む人の治療にも効果を期待できることが、研究によって分かったらしいです。薄毛に悩む男女にまた一筋の希望の光が差そうとしています…。

 

骨粗しょう症の治療薬が男女問わず薄毛治療に役立つ!?

骨粗しょう症の治療薬が薄毛治療に役立つ?

英国のマンチェスター大学の研究チームは、植毛手術を行った患者から採取した毛包に骨粗しょう症の治療薬として開発された化合物WAY-316606を投与するという実験を行いました。その研究結果は、その薬が副作用を起こすことなく育毛を促進する可能性を示すものだった、ということです。

 

研究論文の筆頭著者であるネイサン・ホークショウ博士は、他の多くの頭髪研究はまだ細胞培養の段階で、マウスによる実験でも思うような結果を得られていないのに対し、実際の人間の頭皮で行ったこのWAY-316606についての臨床試験の結果はずばぬけて有望なものだと述べているそうです。

 

まだ、これが薄毛の治療法になるのかは今の段階ではまだわからないそうですが、今後臨床試験を重ねて治療法として確立されたらうれしいですね。もし本当に副作用がない上に確かな育毛効果があったら、画期的な治療法として注目されるでしょう。

 

今のところ、薄毛治療に有効な治療法として確立されているのは、フィナステリドやミノキシジル、低出力レーザーくらいですが、ほかに新たな可能性が出てくるのは歓迎ですね。

 

本当に効果のある薄毛の治療法については以下の記事をご覧ください。

www.calvo-aga.com

 

それにしても骨粗しょう症の薬が薄毛の治療に役立つかもしれない、というのはまた意外な発見です。今後もこのような新しい発見がされていくことを願います。

 

※参考サイト:

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200325-00032464-forbes-hlth

 ※参考文献:『プロスバイオロジー』2018年5月8日号

 

記事の最終更新日:2020年4月7日