カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

AGA(エージーエー)にはどれくらいの割合の人がかかるのか!?

AGA(エージーエー)にはどれくらいの割合の人がかかるのか

AGAは男性の薄毛の原因の9割以上を占めると言われています。では、AGAにはどれくらいの割合の人がかかるのでしょうか?

 

そもそもAGAとは何か?

そもそもAGAとは何か?

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略称で、直訳すると「男性ホルモン型脱毛症」となりますが、日本語では「男性型脱毛症」と呼ぶのが一般的になっています。そのため、最近では「男性型脱毛症」の英訳を略した「MPHL(male pattern hair loss)」とも呼ばれるようになってきています。

 

AGAにかかっている人の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられることから、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。DHTは、男性ホルモンのテストステロンが酵素5αリダクターゼと結びつくことで発生します。

 

AGAを発症すると、髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまうので、徐々に薄毛になっていきます。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていくのが、AGAの薄毛の進行の特徴です。

 

フィナステリドという薬には、DHTの発生を抑制する作用があり、AGA治療にはフィナステリドの使用が効果的です。また、発毛作用があることが分かっているミノキシジルもAGA治療に使われます。

 

薄毛・脱毛に悩む男性の9割以上の割合の人がこのAGA(MPHL)に該当すると言われています。カルボもまさにこのAGAに悩んでいるわけです。

 

AGAにはどれくらいの割合の人がかかっているのか?

AGAにはどれくらいの割合の人がかかるのか?

では、AGAにはどれくらいの割合の人がかかっているのでしょうか?

 

20~69歳成人男性4200万人の約3人に1人がAGAにかかっていると言われています。しかし、その罹患率の割合は年代によって当然異なります。年代別のAGA罹患率は下記の通りです。

 

・20代:10%
・30代:20%
・40代:30%
・50代以降: 40%以上

 

AGA罹患率は加齢とともに高くなっていくのがわかりますね。

 

AGA罹患率を見ての感想

AGA罹患率を見ての感想

カルボは30歳手前で薄毛になっていましたので、20代で10%の割合しかいないAGA患者の1人になってしまっていた、ということになります。ショックですね。

 

30代でも、AGA患者は、20%しかいません。5人に1人です。カルボは現在30代半ばですので、現在は、その1人なってしまっている、というわけです。5人に4人,つまり80%の人はAGAにかかっていないわけですので、その中に入れていないのは、悲しいことです。

 

40代になると、ようやく30%がAGAになるということです。3人に1人です。3人に1人であれば、その中に入ったとしてもそれほどショックではないと言えるかもしれません。

 

ですから、カルボは40代になるまでは、フィナステリドやミノキシジル、低出力レーザー照射等の薄毛対策を続けて、薄毛を改善していきたいと思っています。

 

診察料0円「明確」なAGA専門病院

 

50代以降では、40%以上の割合のAGA発症率となります。逆に言えば、50代でもAGAではない人が半数以上いるということになります。うらやましい限りですね…。

 

www.calvo-aga.com

 

                     記事の最終更新日:2019年10月22日