カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるおすすめのAGA対策・育毛法を紹介します。ネットに氾濫する詐欺まがいの育毛ビジネスについても書いています。カルボが薄毛の他に苦しんできた過敏性腸症候群(IBS)のことにも触れています。

ミノキシジル誘導体とは?AGA・薄毛に本当に効果があるの?

ミノキシジル誘導体とは?AGA・薄毛に本当に効果があるの?

このブログで繰り返しご説明している通り、リアップなどのミノキシジルを配合した外用薬には発毛効果を期待できます。このミノキシジルによく似た名称を持つ成分に「ミノキシジル誘導体」というものがあり、この成分を含んだ育毛剤がネットで販売されていたりします。では、この「ミノキシジル誘導体」とは一体何でしょうか、本当にAGA・薄毛に効果があるのでしょうか?

 

ミノキシジル誘導体とは?

 

ミノキシジル誘導体の正式名称は、ピディオキシジル(ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド)です。ミノキシジル誘導体と呼ばれているのは、分子構造がミノキシジルと非常に似ているからです。

 

ミノキシジル誘導体はAGA・薄毛に本当に効果があるの?

 

ミノキシジル誘導体の発毛効果については、臨床試験による研究データがありません。つまり、ミノキシジル誘導体が人間に対して発毛効果があるということは確認されていません。

 

人工的に培養した細胞での実験やマウスを使った実験は行われたことがあります。これらの実験では、ミノキシジル誘導体は、毛髪活性度を高めたり、毛を成長させたりする効果が見られた、とのことです。

 

しかし、これらは生きた人間を対象にした臨床試験ではありませんので、人の頭皮の薄毛を改善させる効果を証明するものではありません。このため、少なくとも今の時点では、ミノキシジル誘導体に薄毛改善効果があるとは言えません。

 

ちなみに、ミノキシジル誘導体を配合した育毛剤の宣伝によると、ミノキシジル誘導体には、副作用がないそうです。これは、ミノキシジルのような血管拡張作用がないからだそうです。

 

多くの場合、「副作用がない」ということは「発毛効果もない」ということを意味します。本来髪が生えづらくなっている薄毛の部分に髪を生えさせるには、それなりの作用を頭皮や身体に加える必要があり、そのためには何らかの副作用が大なり小なり起こるはずなのです。

 

そもそも、発毛作用だけピンポイントで引き起してくれる副作用のない成分が見つかったら、大ニュースになっているはずであり、AGAクリニックなどでも積極的に採用されているはずです。でも、実際にはそんなことにはなっていないですよね。

 

ですから、ミノキシジル誘導体を配合した育毛剤でAGAや薄毛を改善させることはほぼ不可能と言えるでしょう。このため、本気でAGA・薄毛対策をしていきたい方には、おすすめはできません。

 

発毛効果があるミノキシジルとは?

 

ミノキシジル誘導体とは違い、ミノキシジルの発毛効果は、臨床試験によってしっかり確認されています。このため、本気でAGA・薄毛対策をしたいのであれば、ミノキシジル配合の育毛剤を使用することをおすすめします。

 

ミノキシジルについて詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

www.calvo-aga.com