カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるオススメのAGA・薄毛対策法を紹介します。ネットに氾濫する育毛剤の誇大広告に惑わされない大切さも強調します。

最強の薄毛対策?毛が生え続ける自毛植毛とは

多くの人が最強の薄毛対策と考えている「自毛植毛」があります。では、自毛植毛とは何でしょうか、どんな効果を期待できるのでしょうか?

 

自毛植毛とは?

最強の薄毛対策である自毛植毛とは?

自毛植毛とは、自分の薄毛の影響が少ない部分の毛髪を細胞ごと採取して髪が薄くなっている部分に植え込むことです。 一般的に言って、後頭部や側頭部はAGAによる薄毛の影響を受けていないのでその部分から毛髪を採取することが多いです。

 

同じ植毛でも、人工毛植毛というものもあります。これは、ポリエステルやナイロンなど合成繊維で作られた人工毛を植え込む治療ですが、人口毛は成長しないため自毛が伸びてくると違和感が生じますし、頭皮が拒否反応を示して皮膚が荒れてしまうこともあり、自毛植毛よりもリスクが高いとされています。

 

自毛植毛のメリット

 

・定着する可能性が高い

元々自分の体に生えていた髪を植え込むわけですから、頭皮が拒絶反応を示すことはほとんどなく、定着率が非常に高いです。

・定着したら自然に成長する

植毛した自毛が一度定着すれば普通の髪と同様に成長していきます。人工毛植毛だと定期的にメンテナンスをする必要がありますが、自然に成長していく自毛植毛はメンテナンスが基本的に不要です。

・定着した自毛は生え続ける

AGAの影響を受けにくい部分から取った自毛は、頭頂部や生え際などのAGAの影響を受けやすい部分に植毛したとしても、問題なく生え続けると言われています。ですから、一度自毛植毛して定着すれば、長い年数髪がそこにとどまってくれるのです。自毛植毛が最強の薄毛対策と言われる由縁はここにあります。

 

自毛植毛のデメリット

 

・費用が高い

自毛植毛は保険診療適用外で、費用は高額になります。例えば、生え際の後退を改善させるために1,000~2,000本程度の毛髪を移植した場合の相場は、60万~100万円程度です。しかし、一度植毛してしまえば、その後長年にわたって効果を得られますので、この費用を高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれでしょう。
※症例や術式、クリニックによって費用は異なります。

・赤みやカサブタができる

術後は頭皮に赤みができたりカサブタができたりしますが、1週間くらいでカサブタが取れてスッキリすることが多いようです。

・定着までに半年~1年ほど時間がかかる

植え込んだ自毛は術後1ヵ月くらいで一度抜け落ち、その後半年~1年くらいで生えそろうようです。ですから、手術は数時間で終わるものの、効果が出るまでにそれなりの時間がかかる点に注意が必要です。

 

おすすめの自毛植毛クリニックは?

 

自毛植毛で満足にいく効果を得て、必要なトラブルを避けるにためは、技術力の高いクリニックを選ぶ必要があります。

 

そこで、おすすめなのが、「アスク井上クリニック」です。アスク井上クリニックは、正しい「科学的理論」と「熟練の職人技」を兼ね備えた自毛植毛クリニックです。あなたも利用してみてはいかがでしょうか?