カルボのAGA薄毛対策研究所

30歳から薄毛と戦っているカルボが、フィナステリド・ミノキシジル・低出力レーザーなど、本当に効果のあるオススメのAGA・薄毛対策法を紹介します。ネットに氾濫する育毛剤の誇大広告に惑わされない大切さも強調します。

振動圧刺激が薄毛対策として有効?頭皮マッサージの重要性とは

以前から、頭皮マッサージは薄毛対策として多少の効果があると言われていましたが、ここに来て頭皮マッサージについての新しい発見がありました。どんな発見でしょうか、それは薄毛の人にとって朗報なのでしょうか?

振動圧刺激が薄毛改善効果をもたらす?

振動圧刺激に薄毛改善効果がある?

最近になって、頭皮マッサージと発毛との関係について新しい研究結果が発表されました。それは、「振動圧刺激が薄毛治療に効果がある」というものです。

 

19年間で190万人の薄毛治療の実績を持つヘアメディカルグループ・日本医科大学形成外科と株式会社アンファーが共同研究して2018年9月に今回の発表に至りました。

 

髪が生えてくる毛根部分には「新しい髪を生やそう」というシグナルを出す「毛乳頭細胞」がありますが、振動圧刺激により細胞が活性化し、髪の成長サイクルが正しく行われ、健康な髪が育つということです。

 

そして、実験では、頭の毛乳頭細胞に超音波でと振動圧を与えたところ、何もしない時に比べて約1.3倍細胞が活性化した、ということです。発毛に効果がある、あのミノキシジルを細胞に投与した場合にも、振動刺激と同じように1.3倍程度細胞が活性化しました。つまり、毛乳頭細胞の活性化という点においては、振動圧刺激はミノキシジルと同等の効果があるということです!

 

・ミノキシジルについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

そもそも、頭皮マッサージに発毛効果があるとする根拠は、「振動圧刺激が毛根部分に存在する毛母細胞の細胞分裂を促がす」というものでした。また、「マッサージによる血行促進が、毛乳頭細胞に必要な栄養を行きわたらせる効果があるのではないか」とも考えられていました。

 

ただし、血流促進の作用があるビタミンEや、ミノキシジル以外の血管拡張作用がある降圧薬には発毛作用はなく、血行促進が直接発毛につながるわけではない、とも言われていました。

 

しかし、今回の発表により、振動圧刺激そのものが毛乳頭細胞に直接作用し発毛につながる可能性が高いことが示されたということになります。

 頭皮マッサージも薄毛に効果的?

 

では、自分で行う指を使った頭皮マッサージでも、頭皮に振動圧刺激を加えることはできるのでしょうか?

 

これについては、日本医科大学形成外科とヘアメディカルグループの共同研究結果から生まれた、「川島式ヘアメディカルマッサージ」という頭皮マッサージ方がある、とのことです。

 

この頭皮マッサージなら、効果的に頭皮に刺激を与えることができ、薄毛対策としての効果を期待できる、とのことです。

 

この方法では、頭の中心点にある「百会(ひゃくえ)」というツボや、その周りに十字型にある「四神聡(ししんそう)」というツボを指圧したりします。YouTubeにはその方法を解説した動画が公開されていますので、参考になさって下さい。

 

男性用「川島式ヘアメディカルマッサージ

女性用「川島式ヘアメディカルマッサージ

 

ちなみに今回の研究には、対象物に触れずに超音波刺激が与えられる装置が使用されましたが、2021年には自宅で使える小型の「低周波振動圧刺激デバイス」も発売予定だということです。楽しみですね。それまでの間は、川島式ヘアメディカルマッサージで毎日頭皮に刺激を与えるようにしましょう。